インプラントの症例

このページではインプラントの症例についてご紹介していきます。

歯の状態は人それぞれ違いますから、最終的な判断は実際にお口の中を拝見して決めることになりますが、ご自分と似ている症例があれば参考になると思います。

「自分の場合はどうなんだろう?」と思ったら、ご遠慮なくお問い合わせください。

インプラントの症例

治療の流れ

 

費用について

 

医院の場所や地図はこちらです

あごの関節がすり減った症例

右上の奥歯がだめになり咬み合わせが悪いため右側のあごの関節がすり減って変形しています。

また、右上の骨の厚みが足りないためソケットリフトという技法を使い長さの充分なインプラントを2本入れました。

当院では現在ある悪い咬み合わせ(多くの方は歯がなくなると咬み合わせが高い頻度で崩れます)に追随した形ではなく、

①まず、あごの関節をできるだけ健康な状態に戻すことを考え

②さらに咬み合わせにより全身の健康をより改善するよう常に考えて治療をしています。

インプラントの症例

即日インプラント治療の症例

前歯が脱落してすぐに治して欲しいとの患者様からの希望でした。
検査・診断後に即日インプラント治療で見た目もすぐに回復しております。
最初はもちろん仮歯です。

即日インプラントの症例前歯がなくなってしまったところにすぐにインプラントにより歯を入れて欲しいとの患者様の要望でした。

即日インプラントの症例短時間でインプラントの土台を埋入しました。

即日インプラントの症例最終治療終了後です。
左上の前歯もきれいに治しました。

下の奥歯を1本再生した症例

右下の奥歯が1本だめになりインプラント治療で改善させた患者様です。

右下の歯がないところだけでなく左下のブリッジも咬み合わせが悪かったため、左右ともに正常なかみ合わせを作り左はインプラントで、右はブリッジで咬み合わせを改善しました。

①かみ合わせの治療は初めに古いブリッジを削りその上に、一時的に硬い材質のハイブリッドレジンを盛り上げる事で正常な顎の位置関係を再現します。

②その後右のインプラントがしっかり骨とくっついたら、最終的な被せ物を作り咬み合わせを安定させます。

奥歯のインプラント治療前

奥歯のインプラントインプラント埋入・咬み合わせ調整後

奥歯のインプラントインプラント埋入後